バイク100%(WR250R&YZF-R1)

WR250Rのことやバイク用品について淡々と書いてます。

北海道ツーリング計画その壱「初日の宿をどうするか」

みなさん、こんばんは。

今回は、8月に北海道ツーリングへ行きますので、その計画を立てようと思います。

 

まず、広島から京都の舞鶴まで行き、舞鶴から小樽行きフェリーに乗ります。

 

問題はここからなんです。

初日、小樽に到着するのは午後8時頃みたいなんです。

ということは、その日はツーリングをすることなく、宿へ向かうことになるでしょう。

 

自分のようにフェリーを使用される方は、北海道に到着後の宿どうされているんでしょうか。

自分はキャンプ道具を一式持っていきますので、野営場さえあれば何とかなりそうですが、あまり夜間は走りたくないと思っています。

小樽で手頃な宿はないものか。。。

 

とりあえず、インターネッツの力を使い、いくつか情報を集めました。

 

【キャンプ場】

おたる自然の村 - 小樽の山の魅力いっぱいの、おたる自然の村 -

料金も安く(これが北海道の相場かな?)、綺麗そうなのでイイネ!!

 

【ライダースハウス】

ライダーハウス渡り鳥哲也

インターネッツではなかなか高評価みたいです。サイトがないので今度お電話してみよう。

 

【ゲストハウス】

emina backpackers~えみな バックパッカーズ~

https://otaru-emina.jimdo.com/

バックパッカー向けのゲストハウスもいい感じですね。

繁忙期なので予約できるかが心配です。

 

【その他】

・ふ頭に泊まる

ふ頭に泊まることは認められてないみたいですが、シーズンになるとテントがたくさん張ってあるみたいです。

 

 

というわけで、初日の宿についてはまだまだ調べる必要があるようです。

今後、追加していきますのでよろしくお願いします。

 

それでは、今日はここまでにしときます。

みなさん、さよならあ。

 

タナックスモトフィズラリータンクバッグ MFK-180 13-21Lを購入しました。

みなさん、こんにちは。

突然ですが、私、8月に北海道ツーリングへ行くことが決定いたしました。

キャンプをする予定なので、荷物量はそこそこになるはずです。

現在、シートバッグは持っていますが、これだけでは北の大地を制覇することは難しいでしょう。

 

 (積載量アップしたい・・・)

 

電車の中でも、仕事中でも呟いてしまう

(積載量アップしたい・・・)

 

(一生のうち、北海道ツーリングができる回数はあと何回だろう・・・?

後悔しないためにも積載量は絶対にアップしよう・・・

積載量絶対アップする。。。セキサイリョウゼッタイアップスル・・・)

 

というわけで、積載量絶対アップするマンになってしまいましたので、気付いたらタンクバッグをポチってたよ。

タナックス(TANAX) MOTOFIZZ ラリータンクバッグ /ブラック MFK-180[可変容量13-21ℓ]!!!!!!!

 

 

バッグを購入する際に、気になるのが、収納性ですよね。

今回はいろんな角度からこのタンクバッグを撮影してみました。

どうぞ、ごゆるりとご覧ください。

 

f:id:wr1:20170709192158j:plain

ツーリングマップルRが入るみたいです。

 

 

f:id:wr1:20170709192206j:plain

左側面にも小さな収納スペースがありますね。

 

f:id:wr1:20170709192212j:plain

大きく開いて使いやすそうです。

 

f:id:wr1:20170709192218j:plain

またがったときのライダー側にも収納スペースがあります。

 

 

f:id:wr1:20170709192235j:plain

しっかりと作られています。

もちろん、防水カバーも付いてます。

 

タナックスさん、ありがとう。

 

下の画像は、WR250Rへの装着イメージです。

ハンドルに干渉しそうですが、峠でスピードを出さなければ大丈夫だと思います。

f:id:wr1:20170709192111j:plain

 

実際に装着して走行してみてのレビューは後日になります。

 

今日はこのあたりにしておきたいと思います。

それでは、みなさん、さよならあ。

 

 

SP忠男 POWER BOXエキゾーストパイプ2をWR250Rへ

 みなさん、こんにちは。

 

今日は、SP忠男さんのパワーボックスをWR250Rへ付けてみたいと思います。

装着の方法はご紹介しませんが、ポイントを3点だけお伝えします。

①純正エキパイガードはパワーボックス装着後にも使用可能

②液体ガスケットの使用推奨

③装着は簡単です! JUST DO IT !!!!

 

f:id:wr1:20170709185604j:plain

 

パワーボックスは基本的にポン付けです。。。

f:id:wr1:20170709185610j:plain

パワーがみなぎってきたゾーーーーーーー!!!!

 

 

はい、

取り付け後のWR250Rです。

f:id:wr1:20170709185615j:plain

クイックレスポンス!

低速トルク!

 

1か月程走行すると、画像のように艶やかに色艶に。。。

f:id:wr1:20170709185622j:plain

 

要約しますと、パワーボックスはお勧めです。

価格も2万円しないことが多いのでとっかかりやすいのではないでしょうか。

 

今日はこのあたりにしときます。

それでは、みなさん、さよならあ。

 

100%ゴーグルACCURIポロクを購入しました

みなさん、こんにちは。

 

今日は、100%のACCURIというシリーズのゴーグルを購入したのでご報告です。

購入のきっかけは、眼鏡対応のゴーグルが猛烈に欲しかったからです。

どうやら14cm幅の眼鏡ならこのゴーグルでも使用できるみたいだったのでwebikeさんのところで購入しました。

 

さてさて、ネットの画像ではこのようなデザインですが、実際のデザインはどうでしょうか。。。

f:id:wr1:20170709184400j:plain

期待どおりのカラー!

個人的は凄くいいと思います!(ジャスティース!!

 

ヘルメットに装着してみましょう。。。

f:id:wr1:20170709184420j:plain

ジ…ジ…ジャ…

f:id:wr1:20170709184413j:plain

 

 ジャスティーーーーース!!!!!!!!!!!!!

 

今日は、このあたりにしておきたいと思います。

それでは、みなさん、さよならあ。

 

ヘルメットについて

今回は、ライダーのマストアイテムであるヘルメットについて書いていきます。

 

現在、ヘルメットは次の3つを持っています。

中須賀レプリカ(RX-7X)

②ケニーロバーツレプリカ(RX-7X)

バーシアレプリカ(V‐CROSS4)

中須賀レプリカは通勤用、ケニーロバーツはYZF-R1でのツーリング用で使用しています。

 

オフヘルメットには、FOXのゴーグルを装着しています。

参考までにいくつか画像を載せておきます。

 

f:id:wr1:20170705224612j:plain

f:id:wr1:20170705224645p:plain

f:id:wr1:20170705224634j:plain

 

f:id:wr1:20170705224628j:plain

近くから見るとラメが入っておりキラキラとしていてかっこいいです。

それと、オフロード用ヘルメットで驚いたことが、サイズがMであろうとLであろうと、そこまで付け心地が変わらないことでした。

自分の勘違いかもしれませんが、オンロード用のそれとはまた違ったサイズ感覚なのでしょうか。

 

ヘルメットは、頭部を守るものでもありますし、ルックスを決めるものなのでこだわりたいところですね。

 

今日は、このあたりにしときます。

それでは、みなさん、さよならあ。

 

 

オフブーツ選びはつらいよ

 

みなさんは、オフロード専用のブーツはどちらで購入されてますか?

もちろんバイク用品店や、最近ではネットで購入される方も多いと思います。

 

「バイク用品店に行けば主要メーカーのブーツが置いてあるでしょ!」と、そう考えていた時期が私にもありました。

 

この言葉のとおり、徐々にオフブーツ選びにおける不都合が分かってきたのです。

 

オフブーツ選びにおける不都合を3つあげます。

①お店で取り扱いのあるブーツメーカーが少ない

②ネットでは試着が難しい(不可能ではありません)

③商品レビューの少なさ

 

ひとつずつ説明します。

①については、地域によって差があると思いますが、広島市のお店ではガエルネやアルパインスターズしか取り扱いが確認できませんでした。

幅広いメーカーからブーツを選びたい自分にとってはかなり不都合でした。

(ガエルネは日本人の足形に合う設計となっており評判が良いみたいです)

 

 

②については、オフブーツに限らずネットショッピングの弱点です。

試着が難しいため、購入した際に自分の足に合わないかもしれない、というリスクがあります。

しかし、最近のネットショッピングでは試着可能(返品可能)であるところも増えており、リスクが減ってきています。

それでも返品手続き等がめんどうなので自分にとっては不都合でした。

(結果、ネットで購入することになりますが、1度目の購入でサイズがちょうど良かったため返品することはありませんでした)

 

③については、自分がこのブログを始めるきっかけでもあります。

そもそも、オフブーツに限らないかもしれませんが、ネットで参考になる情報が多くないため、ブーツ選びにおいてかなり悩みました。

この点について、このブログで少しでも情報提供ができればいいと考えています。

 

 

しかし、そんなこんなでブーツ選びは満足のいく結果となります。

購入したブーツのご紹介は、また別の記事となります。

 

それでは、みなさん今日はここまでです。

さようなら。

 

WR250R(最終モデル)の購入について

 

2017年5月25日(木) 広島市某所にてWR250Rを納車していただきました。

 

以前から気になっていたWR250Rを実車確認しに行った際に、勢いと直感で手付金を支払っていました。

実車確認に行ったきっかけは、WR250Rの生産終了というニュース。

また、当時はちょうどYZF‐R1を車検に出しており、将来的に乗りたいバイクを考えることが多くなっていた時期だったということもあったでしょう。

 

そんなWR250"R"を購入した理由は3つ。

 

①オフロードバイクという未知への好奇心。

②普段乗りできる中型バイクが欲しかったこと。

③生産終了が決定していたから。

 

WR250"X"についても、非常に興味を惹かれました。

しかし、より活動範囲を広げられるオフロードバイクのWR250"R"を選ぶことは当初から決めていました。

 

そんなことで購入し納車されたWR250R。

実は、納車される前からカスタムパーツを取り寄せ、その納車を心待ちにしていました。

この記事を書いている2017年7月4日の時点で10か所近くのカスタムを行っています。

少しずつ、どういったカスタムをしているかを書き記していこうと思います。

 

それでは、最初のブログ更新はここまで。

みなさん、さようなら。